図解 – 仮想通貨法における仮想通貨の定義をわかりやすく解説

仮想通貨に関連する規制について、押さえておきたいと思います。

仮想通貨法とは?
2017年4月1日に施行された『改正資金決済法』という法律のうち、仮想通貨への対応が盛り込まれた改正部分が、『仮想通貨法』という通称で呼ばれています。

仮想通貨に関連する規制として、①マネロン・テロ資金供与規制を課すべきであるという国際的な要請に対応する犯罪収益移転防止法に基づく規制と、②利用者保護規制としての『仮想通貨法』があります。

仮想通貨法の中身は、大きく分けて以下の3つになっています。今回は『仮想通貨の定義』を図解してみます。

1.仮想通貨の定義
2.仮想通貨交換業の定義
3.仮想通貨交換業の規制

仮想通貨法における仮想通貨の定義
仮想通貨法では、1号仮想通貨、2号仮想通貨という2つの仮想通貨が定義されています。

ざっくりいうと、1号仮想通貨はビットコインなど通貨として機能するメジャー通貨、2号仮想通貨は、そこまで普及していないマイナーな通貨やトークンを法律の定義に落とし込んだものだと思います。

1号仮想通貨(仮想通貨法第2条第5項第1号に規定される仮想通貨)

物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

上記法令上の定義では、以下の4つの要件があげられています。
①物品を購入し、もしくは借受け、または役務の提供を受ける場合に、これらの対価の弁済のために不特定の者に対して使用することができる。
不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値
③電子機器その他の物に電子的方法により記録されるものであって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの。
④本邦通貨、外国通貨、通貨建資産を除く。
1つ目の要件の「対価の弁済のために不特定の者に対して使用することができる」とは、どのようなことを意味するのでしょうか?
『不特定の者』というのがポイントになります。

 

例えば、仮想通貨が発行者と店舗などとの間の契約により、対価の弁済のために仮想通貨を使用可能な店舗が限定されているような場合や、発行者が使用可能な店舗を管理しているような場合は、不特定の者に対して使用できるとは言えません。

「ビットコイン」は、世界中の不特定の人たちが、対価の支払いとして受け入れを開始しているので、この要件を満たしますが、プリペードカードやポイントサービスなどは、使用できる店舗などが契約などで決まっているので、要件を満たしません。

2つ目の要件、「不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値」とはどのようなことを意味するのでしょうか?
例えば、発行者による制限なく、円や外国通貨との交換を行うことができることができるか、円または外国通貨との交換市場が存在するかという点が、要件を満たすためのポイントになります。
この観点からも、「ビットコイン」は要件を満たしますが、プリペードカードやポイントサービスは満たしません。
3つ目の要件は、ざっくり言うと、パソコンやサーバーなどに取引の記録が電子データとして保存され、仮想通貨の保有者間でパソコンなどを使って取引ができるということです。
4つ目の要件は、円やドルなどの法定通貨ではない、という程度のものです。通貨の単位が円やドルのものは、この要件を満たしません。
2号仮想通貨(仮想通貨法第2条第5項第2号に規定される仮想通貨)

不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

簡単に言うと、不特定の者と1号仮想通貨と交換できる財産的価値があり、コンピュータ上で処理される、という要件です。「ビットコイン」や「イーサリアム」などのメジャー通貨以外のトークンなどは、1号仮想通貨のように支払手段とならなっかったりするため2号仮想通貨となると思います。

仮想通貨法における仮想通貨の定義を、理解することで、事業者としては、仮想通貨法の規制の対象にならないようなトークンを使ってICOを設計することができるかもしれません。投資家としては、自分が購入しようとしているものが、日本において規制対象のものか理解することは、大切かと思います。

仮想通貨法では、仮想通貨法上の仮想通貨に関するビジネスを行っている業者を、『仮想通貨交換業者』として定義して、規制をかけています。

次は、『仮想通貨交換業者』の定義について図解したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です